食べかけのスナック袋をクリップや輪ゴムなしで、湿気させず密封する方法 これは便利? 我が家独自編

食べかけのスナック袋をクリップや輪ゴム無しで密封する方法はメジャーなもので2~3種類がネットで公開されていますが、私の家族は独自の方法で密封しています。袋の素材やお菓子の残り具合でも密封できたり、できなかったりもするので密封可能率85%位ですが慣れると簡単なので紹介します。

①スナックの袋を正面に構えて

②袋の上部を2~3回折ります

③片側の角を三角に折ります

④逆側の角を大きく三角に折り、はみ出すようにします

⑤はみ出した部分を、内側に差し込みます。グイグイと丁寧に全体を差し込むのがコツです。

⑥完成!

別のスナック袋でやってみた例

わりと我が家では評判はいいのですが、ごくたま~に失敗して開いてしまっていることがあります。その場合は④のはみ出し部分が小さくて⑤の押し込みがうまくできなかったことが原因になります。
きっと過去にどこかでも使われたことのある方法だと思いますが、私がGoogle様で検索しても全く同じやり方は見つかりませんでしたので紹介しました。暖かく細い目で見ていただき試してみてもらえたら幸いです。

ちゃんと閉じられていると不思議と湿気ないですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください