中国(シンセン)出張のために日本で購入していった「香港SIM」で快適な日々

急な中国(シンセン)出張が決まったので、現地での通信用に現地で使えるSIMをAmazonで購入しました。
人気のあるSimのようで1500円くらいで購入しました。

このSIMは7日間又は2GB利用するまで使える香港のChina unicomのSIMです。香港のSIMでないとGoogleのサービス等が使えないことは知っていたので香港SIMで中国ローミングできるSIMを選びました。

出国前に所有しているSIMフリーXperia Z(SONY製)にSIMを刺してAPN設定をしてみたところ、中国語でWELCOME的な表示は出ましたがChina unicomの電波をつかんでいる訳ではないので通信開始(7日間制限開始)にはなりません。

シンセンには香港空港経由で行ったので、香港空港に到着してすぐに通信可能になってそのまま中国で使えるのが便利なSIMのはずでした。ちょっとハマったのがデータローミング設定で、XperiaはデータローミングにON/OFFだけではなくONに二種類あり「国内ローミング」と「国際ローミング」のどちらかを選ぶ必要があって、

香港と中国なので「国内ローミング」で良いと思ったらダメでした。「国際ローミング」にしたところ無事4G表示となりアンテナマークが表示されました。

それ以降は快適そのもので、香港空港から利用可能になり、西はシンセン空港付近から東は華強北付近まで、北は沈海高速あたりまで移動しましたが、その範囲ではずっと4Gで接続できていました(シンセンのほんの一部ですけどね)。

8日目にまだ使えていたので、利用開始からきっちり7日間利用可能なようです。8日目早々にSIMのパッケージの裏に書いてあったチャージ追加のサイトでクレジットカードを使い簡単にチャージは完了しました。但し、追加の7日間又は2GBの追加チャージが150香港ドルなので日本円で2000円くらいです。SIMを2枚買っていけば良かったかなとも思いました。

Google Mapも利用できたのですが、滞在中ずっと現在地表示が少しずれた状態でした。実は中国滞在中に途中でXperia ZからSimフリーiPhoneに切り替えたのですが、やはりiPhoneでもGoogle Mapは少しずれていたもののAppleのMapは全くずれていませんでした。Google Mapだけ何かしらの誤差が発生する原因があるのでしょうか。

今回購入した香港SIMは簡単・快適に利用できましたのでお勧めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください