ANKER好きが買ったモバイルバッテリーAnker PowerCore 20100

急な出張が決まりました。しかも中国へ一週間ほど。

自分のSIMフリースマホとレンタル香港WIFIとデジカメなどなど、バッテリー切れが怖いのでモバイルバッテリーを新調することに。今所有しているのは古いエネループバッテリー二つと、外出先でスマホのバッテリー切れでコンビニで購入したコンパクトなSONYのバッテリー。これらは最新の大容量バッテリーのスマホ一回分も充電できないので安心して持ち歩けるものを探しました。

▼所有する古いモバイルバッテリーたち

そしてたどり着いたのがAnker PowerCore 20100。Amazonで約3,500円で購入しました。最新型では無いのでQC3.0とか対応していないようですが、最新型は約2,000円高くて値段差が大きかったのと、最新の充電規格に対応した機器は持っていなかったので気になりませんでした。

▼Anker PowerCore 20100の同梱品は充電ケーブルとメッシュのポーチ

ANKERの製品は信頼していて、USB充電端子が10ポート付いているAnker PowerPort 10は2つ、Anker PowerPort 5は3つ、Anker SoundBuds Sport (Bluetooth 4.0 防水イヤホン)を1つ持っていてどれも気に入っています。

重量は実測で354グラムでした。日常の持ち歩きには重たいと言えますが、満充電で一日いろいろな機器を持ち歩く中でモバイルWIFIやスマホは充電しっぱなしでしたがモバイルバッテリーは半分を切ることはありませんでした。その代わり一晩充電を忘れて2日間連続で使った時には残り25%を示す状態になってしまい、一晩充電しても100%充電にはならず少々不安になりました。大容量なだけにモバイルバッテリー本体の充電を忘れずにしておく必要があると痛感しました。

Anker PowerCore 20100を使っていて良いなと思ったのは、2.4A×2ポート出力であることはもちろん、充電する機器を接続するだけで充電が開始される仕様なこと。いちいちスイッチを押さないと充電してくれないモバイルバッテリーは、充電したつもりが充電されていないことがあり、まれにカバンの中でスイッチに何かが当たって勝手に充電が切れることもありました。

Anker PowerCore 20100は長く安心して使えそうなバッテリーだと思いました。安心感とコストパフォーマンスではダントツな商品だと思います。

▼iPhone7Plusを充電中

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください